オリゴ糖でダイエットするにはまず基礎知識を学びましょう

腸内環境を整えることで知られるオリゴ糖の摂取方法や効果について、ドクター監修の記事で解説します。オリゴ糖にはどのように摂取すると効果があるのでしょうか。オリゴ糖の摂取時の注意点などについても説明します。オリゴ糖は、それ自体に整腸効果があるわけでなく、あくまでビフィズス菌などの善玉菌のエサになることで善玉菌が増え、結果、腸内環境が整えられる、というものです。そのため、高齢者や抗生物質を服用している方などで大腸内にビフィズス菌がほとんどいない場合には、やはりビフィズス菌を多く含む食品と一緒に摂ることが重要となります。またオリゴ糖は胃や小腸で消化されにくいゆえに急に大量を摂取するとお腹がゆるくなったり、張ったりする場合があります。

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

体質的に合わずお腹が緩くなりすぎることもあるため、まずは予定の無い休日に少量から摂るようにするのがおすすめです。健康面でさまざまな貢献をしてくれるオリゴ糖ですが、摂れば摂るだけ身体によい、というわけではありません。やはり摂りすぎれば、害が出ます。お腹の調子が悪くなったときには、複数回に分けて摂取するあるいは1日当たり摂取量を減らして少しずつ増量していくなどの対応をしましょう


腸内環境を整えてくれることで知られるオリゴ糖ですが、どのようにして摂取すればよいのでしょうか。オリゴ糖が持つさまざまな効果を高めてくれる摂取方法や、摂取時の注意点なども含めて解説していきます。

 

オリゴ糖ダイエットは私たちの生活の中でどう生かされるのか

オリゴ糖とハチミツ、メープルシロップはいずれも「甘味料」として販売されています。そのため、「どれがカロリーが高いの?」「どれが健康にいいの?」「どれが甘いの?」「成分は何?」といった悩みが出てくると思います。


実は栄養学的には「オリゴ糖」と「ハチミツ」「メープルシロップ」を比較してしまうのは、ちょっとヘンなのです。


それはどうしてでしょうか。まず、オリゴ糖について説明します。昨今では「オリゴ糖」は商品名のように使われていますが、実際には「ブドウ糖」や「果糖」といった糖類の種類です。平たく言うならば「成分名をそのまま商品名にしてしまった」と思っていただければけっこうですさらにオリゴ糖は水溶性食物繊維としての仕事だけでなく腸内の善玉菌のエサにもなります。善玉菌が活発になることによって腸内環境が整うと、さらに便秘の改善が見込めます。ここまでの説明で気づかれた方も多いと思いますが、オリゴ糖は天然の食材ではないので成分濃度が一定ではありません。そのため、2015年の暮れに改定された「日本食品標準成分表(2015年版 第7訂)(文部科学省)」に公表値はありません。ただしオリゴ糖自体が容易に消化できる成分ではないので、後述する「ハチミツ」や「メープルシロップ」よりも低カロリーだと考えてよいでしょう。

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

ご承知の方も多いと思いますが、水溶性食物繊維は便秘解消に効果があると言われています。


これは水溶性の食物繊維を食べた場合、腸内で消化吸収されずに便として排泄されるため、便のかさましになります。これに加えて水溶性の食物繊維は腸内の水分を吸って膨張するため、さらにかさましになるのです。


さらに、食物繊維は(毛糸玉をイメージするとわかりやすいと思いますが)、腸内の余分な糖分やコレステロールなどを絡めとって排泄しますこの作用によって余分なものの吸収が抑えられるため血糖値やコレステロール、血圧などの低下作用が見られるとの報告もあります。

 

オリゴ糖ダイエットって本当に痩せるの?

オリゴ糖は便秘解消に効果があったり、低カロリーなのでダイエットにも効果があるという栄養素です


適切な摂取量で血糖値のコントロールや糖尿病の予防にもなります。ヨーグルトなどの食品にオリゴ糖を混ぜるだけで手軽に摂取できます。お肌にも良い影響を与えます。


オリゴ糖の効果と言われているほとんどは、オリゴ糖が「善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり「善玉菌」を増やす」ことで、「腸内環境を改善」したことによる効果です。

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

この効果は「乳酸菌」を摂取したのとほぼ同様の効果です。乳酸菌も腸内で悪玉菌を減らして善玉菌を増やして「腸内環境を改善」してくれます。

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌そのものを摂り入れることを、「プロバイオティクス」といい、オリゴ糖のように善玉菌のエサになることで間接的に善玉菌を増やすことを「プレバイオティクス」といいます。オリゴ糖にはこのプレバイオティクスとしての有効性が認められたことから、特定保健用食品として認可され、甘味料やシロップのほか、ヨーグルトや飲料などに添加され、特定保健用食品(トクホ)の印がつけられています。


一般食品にも「オリゴ糖」が含まれているものはありますが、その含有量はわずかな為に十分に、「オリゴ糖」を摂取したい場合は、「オリゴ糖そのままの商品」、または、「オリゴ糖が配合されている商品」から摂取するのがオススメです。オリゴ糖が含まれる食材から、オリゴ糖を抽出した「オリゴ糖」そのままの状態に近い商品や、「オリゴのおかげ」のような甘味料タイプ、ヨーグルトなどに配合される商品などさまざまです。


「オリゴのおかげ」のような甘味料タイプ、ヨーグルトなどに配合される商品の場合は、比較的、オリゴ糖の配合量が少ないなので、注意が必要です。


またそれらの商品には、甘味成分などが含まれていることが多いのでこの点についても確認が必要です。

 

オリゴ糖ダイエットはこれから一番のダイエットかも!

オリゴ糖は「糖分」の仲間です。果糖、ブドウ糖などこれ以上分解できない糖(単糖といいます)が2〜10個、手をつないだ形をしています。でんぷんやデキストリンはオリゴ糖よりももっとたくさんの数の単糖が手をつないだもの。でんぷんやデキストリンよりも手をつないでいる糖類の数が少ないので。


「少ない」という意味の「オリゴ」という名前がついたと言われていますオリゴ糖の種類は20種類ほどが知られています。でんぷんを消化して単糖にする消化酵素はたくさんありますし、単糖となれば吸収も容易にできます。ところが、オリゴ糖は適した消化酵素が人間の体内に存在しないため小腸で吸収することができません


消化されないまま大腸に届くものも多くありますこの大腸に届いたオリゴ糖が腸内細菌・特に「善玉菌」のエサとなりますこの善玉菌が多く、活発に働いていると「腸内環境がよい」と言え、さまざまな健康効果をもたらします。一方、大腸の通常の環境は「中性」です。

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

善玉菌が出した酸は「異物」として認識されます。


そのため、身体は酸を一刻も早く体外へ出そうとし内容物を送り出すための「ぜん動運動」が盛んになります。さらに、酸を少しでも薄めようと水分を集めるため大腸内の水分含量が増えますこれによって、「内容物」が動き、水分ですべりが良くなり、さらにかさましができます。まさに「排便」のために好都合な条件が整うのです。オリゴ糖は、甘味を持っていますが難消化性のオリゴ糖は消化・吸収できません。そのため血糖値に変化を起こしません。


もちろん、インスリン濃度にも影響を与えません。

 

オリゴ糖ダイエットのホントウの実力はスゴイんです

オリゴ糖は昔から腸に良い甘味成分として知られていました。特に痩せたくてもなかなか痩せられないと言った。


体質改善に大きく貢献してくれます。オリゴ糖と言うくらいですから、甘くて逆に太るんじゃないか?という人もいますがそれは大きな間違いです!。オリゴ糖は成分表を見るとブドウ糖で知られるグルコースや果糖となるフルクトースなどとは違い三糖類の部類に入ります。三糖類の特徴は胃で消化するのに時間がかかり、腸でも分解されにくいため、そのまま体外へ排出されるという特性を持っています。つまり、こんにゃくと同じ作用があるという事ですね。

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

このようにオリゴ糖がダイエットに向いている理由は砂糖の様に、太る原因のエネルギーとしては吸収されず脂肪がつく確率が極端に低いからなんです


またヨーグルトで有名なビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌の餌となり、その活動を活発にさせてくれます。そしてオリゴ糖自体にも悪玉菌を抑える酸を作り出す為に腸内環境を整える働きがあるのです。ある食品会社の調査によると日頃から運動してもなかなか痩せない…という女性へアンケートをとったところ


その約6割の方が便秘症であるという結果が出ています。原因はダイエット中にカロリーを抑える為に必要な栄養分までカットしてしまいそれにより代謝が落ちてしまうので腸の働きも悪くなっているのです。腸はあらゆる内蔵の中でも重要な栄養の吸収と排毒のシステム器官と言われここの働きが悪化することで、人間の体は、本来のエネルギーを分解、燃焼できなくなります。つまりダイエットではお腹の健康を改善することが早く確実に痩せるコツと言えるのです

 

オリゴ糖ダイエットサプリはどうして選んだらいいのか?

オリゴ糖はダイエットにいいとはよく言いますが、実際にオリゴ糖を買おうとすると、たくさん種類があって迷ってしまいますよね?。


また、ダイエットが目的なのに、あまりダイエット効果のないオリゴ糖を選んでしまっているという方も多いはずです。オリゴ糖なら何でもダイエットにいいのかというと実はそういうわけではありません。砂糖とあまり変わらないものや、目的の違うオリゴ糖もあるのです。どれも砂糖の半分ぐらいのカロリーで味は甘みがあるため、砂糖の代わりとして十分な役割を果たしてくれます。


また、オリゴ糖の特徴である腸内細菌の栄養源となることで、腸内を綺麗に整え、便秘解消や宿便の排出美容効果も期待できるのは変わりません。フラクトオリゴ糖と言えば、数あるオリゴ糖の中でも広く名前の知られたメジャーなオリゴ糖のひとつと言えるのではないでしょうか?

 

オリゴ糖ダイエット,効果

 

それだけ使われる場面が多いオリゴ糖だということです。一般にオリゴ糖の効能としては、便秘の改善や甘味料としての使用といったところだと思います。フラクトオリゴ糖はどちらの場面でもとても有用なんです。まず便秘の改善ですが、フラクトオリゴ糖は難消化性といって、胃や小腸ではほとんど吸収されずに大腸まで届きますこの大腸でビフィズス菌のエサになることでビフィズス菌が活性化しますビフィズス菌が元気に活躍できるようになると、便秘も解消されるわけです。また、フラクトオリゴ糖は、カロリーが砂糖の半分程度で甘味はちゃんとあることから、ダイエット志向の甘味料として使われることも多いんです。

 
更新履歴

試したい方